ネットカジノの脱税について

ネットカジノを利用するプレイヤーの中で、脱税が流行っていますが、やめたほうが良いでしょう。税務署は全てを監視しています。特にネット銀行や一般的な銀行口座は、税務署の管理下にあり、誰がどこに振り込んだかを把握することが出来ます。それだけでなく、過去の確定申告までさかのぼって徴収することができるので、去年は大丈夫だったから、今年も大丈夫だという安易な考え方をしていると痛い目にあいます。
ネットカジノを利用して手に入れた賞金は雑所得に当てはまり、雑所得の税率は15パーセントからとなっています。脱税をすると、そこから更に延滞料金として追加されてしまうため、事前に確定申告の際にはしっかり申告しておくことが重要です。
ネットカジノを利用しているプレイヤーの中で、匿名性の高い仮想通貨に交換することで脱税しようと考えているプレイヤーもいますが、非常に危険なのでやめたほうが良いでしょう。匿名性の高い仮想通貨は、現在世界規模で排他されつつあります。理由はマフィアのマネーロンダリングを阻止するためで、匿名性の高い仮想通貨は、脱税などの道具でしかないからです。匿名性の高い仮想通貨が利用されると、国税はどんどん少なくなり、最終的に国家が滅んでしまいます。それを防ぐために国連では匿名性の高い仮想通貨の流通を阻止しようとしているのです。ネットカジノで仮想通貨が利用されている場合にも注意が必要で、一般的な仮想通貨を利用する場合は、二重に税金を支払う必要があるのです。
そのため、ネットカジノを利用する際には、税金の負担を最小限にするためにも、必ず現金を使用することが望ましいと言えるでしょう。税の計算も簡単になるので、良いです。ネットカジノでもっと稼ぎたい!かたはこちら!【バカラ攻略のコツ】確率から考える基本戦略|勝ち方、賭け方