ネットカジノの税金について

ネットカジノを利用する上で、外すことができないのが、税金に関する問題です。ネットカジノは日本の税務署の管理下にあります。海外のカジノであっても、日本の銀行口座に入出金しなければならないので、足跡が漏れてしまいます。税金逃れが発覚してしまうと、延滞料金に高い税金を納めなくてはならなくなるので、確実に確定申告をする必要があります。
ネットカジノを利用することで手に入れた賞金は、日本の税金に関する法律上では雑所得に該当するので、賞金が増えれば増えるほど、納めなくてはならない税金の額は多くなります。賞金をもっと稼ぎたいかたにはこちらの記事もどうぞ!W88カジノで遊べる全種類のポーカーを徹底調査 だから、ネットカジノで生計を立てようとすると、税に関する問題を解決する必要があるのです。ただし、ネットカジノを利用するために購入したスマートフォンやパソコン、モニター等は経費で落とすことができるので、納める額が少なくなることもあります。経費として申告することができるので、事前に購入したお店の領収書を保管しておくようにしましょう。雑所得の税率は所得税が5パーセントから、住民税が固定の10パーセントとなっており、合計15パーセント以上支払うことが義務付けられています。そのため、なるべく可能な限り経費として申告する額を大きくすることが、納める税金を少なくさせるカギになります。ネットカジノを利用するための、年会費なども経費として申告することができるので、事前に運営側にお問い合わせして領収書を発行してもらうようにしましょう。クレジットカードであれば、クレジットカードの領収書から経費として申告することもできるので、カード会社に領収書を発行してもらう方法も良いでしょう。領収書がない申告は認められないので注意しなければなりません。