ウォーカーヒルのカジノでもテキサスホールデムは人気

日本ではカジノの解禁の話題がしばしば表に出ては来るものの、ギャンブル愛好家にとっては残念なことに、いまだ実現にまでは至ってはいません。しかし世界に目を向ければカジノを観光の目玉にしている地域が数多くあり、夢のある時間を過ごすために大勢のお客さんが国内外から訪れています。
そのような地域は日本人にとって身近な国である韓国にもあります。それは首都ソウルの特別市広津区広壮洞山にあるウォーカーヒルです。ウォーカーヒルと言う地名を韓国らしくないと感じる人もいるかも知れませんが、その由来は朝鮮戦争の際に派遣されたアメリカ第8軍の初代指揮官であった、ウォルトン・ハリス・ウォーカー将軍と言う人物の名前からなので、西洋的な響きになっているのは当然と言えます。そのウォーカーヒルにある特に有名なカジノが、1968年に開設されたパラダイスウォーカーヒルカジノです。そこはソウルにおいて最初に政府から公認された老舗として、韓国でも特に人気の観光名所の一つとなっており、高級ホテルの中にあると言う環境の良さ、館内の豪華さ、質の高いサービス、そして特に重要なゲームの充実ぶりなどの魅力を兼ね備えています。
そこを始めとするウォーカーヒルのカジノを訪れる多くの人たちの間で、人気の高いゲームの一つがテキサスホールデムです。テキサスホールデムはトランプを使ったゲームの中でも定番であるポーカーの一種で、日本ではそれほど知名度が高いとは言えないものの、これが誕生したアメリカのカジノではとても人気の高いゲームとなっています。テキサスホールデムは通常のポーカーとは異なり、プレーヤーに最初に配られるカードは2枚だけです。その2枚にテーブルの上に開いた状態で置かれ、全てのプレーヤーが共通して使える5枚のカードを加えた合計7枚のカードの中から5枚を選び、役を作ることが基本的な目的となります。国内でカジノを楽しみたいかたはオンラインカジノランキングを参考に自分に合ったネットカジノで見つけてみるのもよいでしょう。