カジノでのテキサスホールデムについて

テキサスホールデムと言われても、一体何のことだか全く分からないという人も多いでしょう。これはカジノ用語の一つで、カードゲームの一つであるポーカーのルールを指す言葉です。カジノでもポーカーゲームは人気のあるものの一つですが、ルールは日本で極普通に遊ばれているものとは一風変わっています。このカジノ特有のルールのことを指してテキサスホールデムと呼ばれているのです。でも日本にいても大丈夫!オンラインカジノのベラジョンならテキサスホールデムが楽しめちゃいます!
このテキサスホールデムの最大の特徴は、普通のポーカーにはない場札が配られることです。場札は合計5枚あり、表向きにされていて、その場にいるプレイヤー全員が自分の役作りのために共通して使うことができます。この場札は共通して使えるカードであって、好きなものを誰かの手札に加えてしまうわけではありませんし、誰かが使えば他の人が使えなくなるわけでもありません。本当の意味での共通カードなのです。
一方で、手札としてそれぞれのプレイヤーに配られるカードはたったの2枚に過ぎません。しかもこの2枚は交換することもできません。各プレイヤーは、手札の2枚と、場札の5枚の合計7枚のうち、自由に5枚を選んで役作りをすることになります。どの5枚を選ぶかは完全にプレイヤーの自由で、手札の2枚を必ず使わないといけないというルールもありません。手札1枚と場札4枚で役を作っても構いませんし、極端な話、場札5枚で役作りができるならそれでも構わないのです。
ただし、このような役作りの仕方では、すぐに考えて分かるとおり、他のプレイヤーも少なくとも自分と同じ役はできていることは明らかでしょう。つまり、いくら高い役ができたとしても他のプレイヤーと差を付けることはかないません。