ネットカジノで警察に摘発された例

国内ではお金を賭けるタイプのカジノの経営は許可されておらず、万が一営業していた場合には摘発となりますが、過去にはネットカジノでも警察に摘発された例があります。店舗型で経営していてお客からお金をとって賭博行為をさせていた店がそれにあたり、経営者とともに利用者も逮捕されました。いかなる理由があっても賭博行為をすることは許されていませんから、それを大々的にやっていたことで摘発の対象となったのです。この例では有罪判決が出たため、判例的にも国内で店舗型のネットカジノを経営するのは違法である、という結果が司法によって示された形となります。ですからネットカジノで遊ぶ時には、店舗型のカジノで遊ぶのは絶対にやめるようにして、家で一人で楽しめばトラブルに巻き込まれることはありません。

ネットカジノを単独で遊んでいたケースでも警察に摘発された判例があります。日本語のサポートがあり、営業時間やイベント事のタイミングも日本時間に合わせて営業していたカジノが存在していますが、これらで遊んでいた人が逮捕されて起訴されたこともあるのです。通常ならばネットカジノは海外にサーバーがあり、海外で賭博行為をするのと同じことですが、このケースでは日本向けに営業をしていたという事実があったので、国内で賭博を行っていることに等しいと警察が解釈したため逮捕に踏み切ったのです。ですから海外のオンラインカジノを選ぶ時にはなるべく国内向けのサービスが提供されていない所を選択するのが大事です。お店によって摘発の対象となるか否かが違うので、リスクを避けるなら完全に英語で運営されているサイトを選びましょう。

ネットカジノは国内でプレイしている人の数はかなり多く、全ての人々が海外サーバーでプレイをしているので、どちらかというと適法行為にあたります。逮捕された例は見せしめ的な意味合いで逮捕に至った例が多いので、ネットカジノをしていたからすぐに逮捕されるということでもありません。海外サーバーの認証をもらっているカジノで遊ぶということを原則にしていれば、逮捕されるリスクはほとんどありませんので、一般のプレイヤーである限りは安心して遊んでいても大丈夫です。しかしながらお店を使ってオンラインカジノを提供していたり、複数の人たちで集まって賭博行為をするのは違法ですから、警察の摘発対象にならないためにも、ネットカジノで遊ぶ時には、あまり大っぴらにはせず個人の趣味の範囲内で遊びましょう。